新メンテナンス

・返信ボタンの横に [引用なし] のチェックボックスがありますが、  元発言を全て引用することは禁止します。  必要な箇所だけを残し、その他は消してください。   投稿するときにEメールに勝手におかしな言葉が入る場合がありますので削除してください。 よろしくお願いします。  会員未登録の方もご自由に質問してください。
17 / 62 ツリー    ←次へ | 前へ→

腰上オーバーホール時のカーボン あきぼん 20/5/19(火) 16:08

Re(2):腰上オーバーホール時のカーボン コロコロ 20/5/20(水) 7:21

Re(2):腰上オーバーホール時のカーボン
 コロコロ  - 20/5/20(水) 7:21 -
▼コロコロさん:

連投すみません、補足します。
キッチンペーパー状の紙はクリーナーを含ませて、カーボン付着部に密着させてそのまま数時間放置します。
これで表面のザラザラしたカーボンがねっとりと柔らかくなって、拭き取れます。
その後、下地の様に層になって残ったカーボンは、手元にあった竹ヘラでゴシゴシやったら擦れて粉状や、パキッと剥離して綺麗になりました。
一ヵ所剥離したら、段差部を狙ってゴシゴシすると続けて剥離し易いです。
竹は縦方向の繊維質が強いので、力が入り易く摩滅も少なく重宝しました。

>▼あきぼんさん:
>78年型R100Sです。
>昨春、全く同じ所のオイル漏れをDIYしました。
>ピストンヘッド、シリンダー上端、シリンダーヘッドの燃焼室のカーボンはキャブレタークリーナーの泡タイプを吹き付け、キッチンペーパー状の紙にもしっかり含ませ柔らかくなる迄放置して、綺麗に取り除けました。
>
>その後4千キロ走りましたが問題無しです。
>上手くいくと良いですね、エールを送ります。
>

引用なし

パスワード



17 / 62 ツリー    ←次へ | 前へ→
 27037
ページ:  ┃  記事番号: