旧メンテナンス掲示板(閲覧専用)

2018年10月5日 本掲示板は閲覧専用とします。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
286 / 778 ツリー ←次へ | 前へ→

昨日やった事 ををつか 10/11/13(土) 10:22
七年ぶりのスプリング交換 mot 10/11/13(土) 23:40

昨日やった事
 ををつか  - 10/11/13(土) 10:22 -

引用なし
パスワード
   友人のR100RSのフロントフォークのオーバーホールなど諸々


作業予定は、
1.アウターケース交換
2.インナーピストンリング、O-リングなど交換
3.スプリングの交換


難問その1
 フロントのアクスルシャフトが抜けて来ない。
 普通はネジを緩め、手で引いて行けば抜けて来る
 シャフトが硬くて抜けない、プラハンマーでダメで
 結構大きなハンマーでゴンゴン叩いて抜く。

難問その2
 スタビライザーが外れない。
 4本有る取付ボルトの内、2本が固着、ドリルでボルトヘッド
 を飛ばし、外す。

難問その3
 フォークのインナーを止めているCクリップが取れない
 場所が狭い上に、ギリギリの隙間に入ってるので、中々
 取れない、クリッププライヤーが安物で、クリップが
 すべって外れてしまう、というのも原因の一つ。
 結局、フォークを外し、作業しやすいようにして解決。

難関その4
 フォークインナーピストンのピストンリングの交換
 これは、本来、特殊な治具でも無いと取付不可能な構造。
 クライマーのマニュアルに書いて有る、紙で漏斗状の
 治具を作り、挿入する方法でチャレンジ数十回で挿入。
 m氏が努力が効を奏しました。

朝10時過ぎから始め、昼飯やフォークオイルを買いに
行った時間、1時間位を除き、16時前まで掛かって終了。

難関が多かった割には、まあまあのペースでした。

七年ぶりのスプリング交換
 mot  - 10/11/13(土) 23:40 -

引用なし
パスワード
   ▼ををつかさん:
どうもお世話になりました。手間のかかる整備作業にまたも引きずり込んで恐縮の至りであります。

おかげで硬すぎるプログレッシブ製のバネと、入手時からナメかけていたフォークオイルのドレンボルトにおさらばできました。

もともとは、気に入ったテクノフレックスのリアサスに合わせて、標準よりやや硬めの前足を得たくて始めたことなんだけど、プログレッシブはどうにも硬すぎました。

その後、モトビンのバーゲンで新品のボトムケースを入手して、ピンキーさんが提供してくれるホワイトパワーのバネとともに組み込むこもうかと考えていたのですが、結局、標準のセッティングを再現することに決め、新品の標準バネを組み込むことにしたのです。

柔らかすぎると感じた入手時のRSは五万キロ近く走行した中古でした。となると、バネがへたっていることも考えられ、新車時の状態を復元してみてもいいかも、と考えたわけです。実際自由長を測ってみると、規定の472〜484ミリを割りこんで468ミリ程度に縮んでいました。

ををつかさんのスキルとガレージを煩わせただけのことはあったようで、柔らかめで快適ながら、ショックはしっかり押さえ込んでくれるようです。これからいろいろ走らせてみて、フォークオイルの硬さを決めていこう、と考えています。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
286 / 778 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
621,784
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.