新メンテナンス

・返信ボタンの横に [引用なし] のチェックボックスがありますが、  元発言を全て引用することは禁止します。  必要な箇所だけを残し、その他は消してください。よろしくお願いします。
1 / 12 ページ    前へ→

Re(3):再び、IGコイルのパンク
[NEW]  ひげ爺  - 19/8/23(金) 13:19 -
▼七四式さん:

>おいらのは、ひげ爺と同じDYNA-IIIとDYNAのIGコイル1.5Ωの
>仕様です。

私のはパルスセンサー(B缶と同じ形状)とAmpです
内容的には同じ見たいですが??

>あと、ブースター(リレーを入れて、バッテリーから直接IGコイルに
>給電)も使用しています。

電流計が有りましたら、ノーマルとDYNAとの比較をしたら解ります。
コイルに流れ過ぎかな??
リレーを使うのは正解なんですが。

引用なし

パスワード



Re(2):再び、IGコイルのパンク
 七四式  - 19/8/23(金) 0:29 -
▼ひげ爺さん:

七四式です。

おいらのは、ひげ爺と同じDYNA-IIIとDYNAのIGコイル1.5Ωの
仕様です。
あと、ブースター(リレーを入れて、バッテリーから直接IGコイルに
給電)も使用しています。

とりあえず、穴なしのエアクリーナボックスに戻してみます。

引用なし

パスワード



Re(1):再び、IGコイルのパンク
 ひげ爺  - 19/8/22(木) 10:32 -
▼七四式さん:

又も?
フルトラ風に改造との事ですが、ドエルアングルが大きいのかな?
そうだったら、コイルに流れる電流量が多いと考えられ、オーバーヒート〜パンクに成りそうです。
正式な(?)フルトラに交換された方が安心かと?
又コイルを交換しても解決方法にはならないかと?、安心して遠乗りは出来ませんよ。

参考まで(中野モータース)
74式なら10-02かな?
ttps://bmw.gr.jp/PartsSale/10-R100Parts.html

引用なし

パスワード



再び、IGコイルのパンク
 七四式  - 19/8/22(木) 0:00 -
▼七四式さん:
去年、IGコイルがパンクして交換したのに、またIGコイルの
パンクの疑いです。

こう何度も頻発するので、DYNAを止めようとしてたのですが、
肝心の熱対策になっていません。

で、タンク下にあるIGコイルが通常、どうやって冷却されているか
考えた結果、エアクリーナの吸込み口がIGコイルの傍にあることで
常に空気の流れがある為、冷却されているのでは?という結論になりました。

じゃ、なんで自分のは冷却されないのかと考えると、2本サスの一部の
エアクリーナボックス(丸型のエアフィルタ)に、空気の吸入量を増やす
ために、エアクリーナのボックスの後部に穴が開いたものがあり、現在
それを使用しているため、その結果IGコイル側(通常の)吸込み口の
吸入量が激減し、IGコイルが冷却され難くなってパンクしたと
考えたのですが、どう思われます?

引用なし

パスワード



Re(9):クラッチが切れない 貼り付き
 七四式  - 19/8/21(水) 23:12 -
▼321さん:

七四式です。

解決して、良かったですね。

引用なし

パスワード



Re(9):クラッチが切れない 貼り付き
 OTTO  - 19/8/19(月) 13:05 -
▼321さん:

よい選択だと思います。
ファイバー系と呼ばれる純正と同じフェーシング素材です。
表面がすべすべなので発進が楽でシフト時のギア鳴りもなく快適です。

外したクラッチは発進に気を使うタイプのように見えます。

引用なし

パスワード



Re(8):クラッチが切れない 貼り付き
 321  - 19/8/18(日) 21:38 -
今回クラッチ板を交換したら、症状が改善されました。 以前よりもギアの入り方がスムーズな気がします。 アドバイスを頂きました皆様、有難う御座いました。 添付画像【227_s_CIMG4081.JPG : 40.5KB】添付画像【227_s_CIMG4094.JPG : 45.2KB】
引用なし

パスワード



Re(1):発進時の異音『コトコト』
 クリニカルビーマー  - 19/8/4(日) 23:04 -
▼クリニカルビーマーさん:
自己レス(結果報告です)

異音発生から損傷/故障を疑ったのは
・ドライブシャフトのユニバーサルジョイント
・ユニバーサルジョイントとミッションアウトプット接続ボルトの緩み/折れ
・ミッションのアウトプット側ベアリングの損傷
・ドライブシャフトのダンパーのヘタリやスプリング折れ
点検を行った部位
・ドライブシャフト&スイングアーム一式の目視〜回転点検
・ミッションを一旦降ろし、イン〜アウトまでの手動シフトや回転感覚点検
整備&交換を行った部位
・ドライブシャフト&スイングアーム中古一式の交換(ヤフオク)
・クラッチハウジング〜フライホイールバランス取り(エイエムエスフジイ)
・ミッションのマイスターによる点検(クリメカ)
・ファイアナル〜ミッションのオイル交換(モチュール80W90)
結論
・ユニバーサルジョイントのひっかかり?クリック感だと思います。
交換した中古のスイングアーム&ドライブシャフト一式は幸運にも、新品に組み換えられた直後のバラ売りだった様子。

ショップ各位からのアドバイスなどでは
・後輪を手で廻して感じない程度のひっかかりでは、ドライブシャフトより
 シャフトに付属するダンパーが怪しい(OTTO様と同じ見解)
・ミッションとスイングアームの芯のズレ(0.5〜1mm単位)
などでした。

結語
・ヤフオクで手に入れたシャフトはあくまでも【本修理までの代用】
・ユニバーサルジョイントがダメになるのは時間の問題
・スイングアームからの分解治具を作成する。
・抜き取ったスイングアームのベアリング交換を依頼する(輸入屋ビーマー)
※なぜか手元にはシャフト組み込んだままのスイングアームが3セット有り
 その中から程度の良い部品を組み合わせ、スイングアーム一式を再生する。

となりそうです。
作業を自身のブログに揚げたかったのですが、ヤフーの引っ越しもあり断念。
何より、暑すぎて暑すぎて・・・・
当会の皆様ありがとうございました。またしばらく走れそうです。

引用なし

パスワード



Re(7):クラッチが切れない 貼り付き
 321  - 19/7/27(土) 11:20 -
アドバイス頂きました皆様、お世話になっております。

321です。

今回クラッチまでアクセス出来る状況迄分解しましたところ、

クラッチプッシュロッドの先端が摩耗しておりましたので、『原因は

これだ』と勝手に解釈して組み上げました。

本日エンジン始動後、クラッチを握ってギアを入れるもエンスト。

全く直っていませんでした。

放っておいても直るはずもなく、再度分解です。

クラッチ関連に関する特殊工具購入は決定的となりました。

そこで諸先輩方に質問ですが、注(前期型ツインサスのクラッチです)

1.この際ほかにも新品交換をしておいた方がよい部品はありますか?

2.クラッチ組み上げの手順ですが、カバープレート・クラッチプレート・

 プレッシャープレート・ダイアグラムプレートをクラッチハウジング

 から取り外し洗浄後、同じ当たり面で組み上げが必要でしょうか?

3.クラッチプレートは摩耗が見られなければ交換する必要はありませんか?

4.グリス等を塗らなければいけない箇所はありますでしょうか?

以上、宜しくお願いします。
添付画像【225_s_CIMG4066.JPG : 91.2KB】添付画像【225_s_CIMG4070.JPG : 71.2KB】

引用なし

パスワード



Re(6):クラッチが切れない 貼り付き
 七四式  - 19/7/18(木) 22:27 -
▼321さん:

七四式です。

両箇所とも、耐荷重性のあるグリス(モリブデン系等)を
使用した方が良いかと思います。
(おいらは、それしかなかったので・・・)

レリーズベアリングに、異常が無ければ後は・・・、
単純にクラッチの遊び(ミッション側で調整するやつ)の問題だったのか?

引用なし

パスワード



Re(7):クラッチが切れない 貼り付き
 321  - 19/7/18(木) 10:12 -
▼geemerさん

アドバイス、有難う御座います。

>求められているアドバイスではないですが、クラッチの張り付きの懸念は解決したのでしょうか?

注文部品がまだ到着していない状態なので、組み上げが出来ていないです。
まずはプッシュロッド関連のパーツを総交換してみて、様子をみようかと…。
これだけで直ればラッキーかと思っています。


>レリーズ機構だけを整備しても解決しない可能性もありますので、ここはクラッチ板まで分解してみた方が良いと思いますが如何でしょうか?

やはり、ここまで分解すればいっしょにチェックしといた方が無難でしょうか?特殊工具購入に二の足を踏んでいる気持もありますが、分解の仕方・
クラッチ版のチェックの仕方が良く分からないです。

引用なし

パスワード



Re(6):クラッチが切れない 貼り付き
 geemer  - 19/7/18(木) 8:59 -
▼321さん:

求められているアドバイスではないですが、クラッチの張り付きの懸念は解決したのでしょうか?
レリーズ機構だけを整備しても解決しない可能性もありますので、ここはクラッチ板まで分解してみた方が良いと思いますが如何でしょうか?

引用なし

パスワード



Re(5):クラッチが切れない 貼り付き
 321  - 19/7/18(木) 8:03 -
アドバイス頂きました皆様、お世話になっております。

漸く此処まで辿り着きました。

ミッションを外す際、スターターモーターのボルトが長過ぎて、

非常に外し難かったです。

後は注文部品が届くのを待って組上げるのみです。

懸念していたクラッチ下部のオイル漏れも見受けられなかったです。

若干オイルが漏れた痕跡は有りましたが、恐らくニュートラルスイッチからの

ミッションオイルだと思われます。

新品部品と比較した訳ではないですが、プッシュロッド先端部分が摩耗

しているようにも見受けられます。部品交換にてクラッチが切れるように

なる事を願うばかりです。

今後の作業に当たり、アドバイスを頂きたいのですが、

質問1.
プッシュロッド全体、ワッシャー、ベアリング、ピストンには全体的に

ベアリンググリスを塗って組み付ければ良いのでしょうか?

質問2.
プッシュロッドに取り付けるフェルトには何を染み込ませとけば良いですか?

宜しくお願いします。
添付画像【221_クラッチ全体.JPG : 39.0KB】添付画像【221_プッシュロッド全体.JPG : 42.4KB】添付画像【221_プッシュロッド先端.JPG : 37.7KB】



Re(4):クラッチが切れない 貼り付き
 七四式  - 19/7/10(水) 19:06 -
▼321さん:

七四式です。

ジャッキは、オイルパンの底(ドレイン部分)に当てても、
問題なかったです。
プッシュロッド周りのパーツ交換は、ミッションを降ろさなくても
出来そうですが、降ろした方がやり易いかと。

ミッションを降ろしたのなら、クラッチの状態(見た目とか減り具合)を
見ておくと良いかと思います。

多分、次回は「やりたくない」と思うと思います。
(自信には、なると思います)

引用なし

パスワード



Re(3):クラッチが切れない 貼り付き
 321  - 19/7/10(水) 8:12 -
七四式様

回答有難う御座います。
すいません、私の勘違いでした。確かにドライブシャフトとミッションの
接続部は12mmの12ポイントですよね。スイングアームを固定する27mmの
ナットを外す際に12ポイントの27mmが必要かな?と勝手に解釈していました。

昨日ミッション上部のエアークリーナーカバーを外した時に、R側のカバー
だけ凄く外し難かったです。ソケットも入らないスペースですし、それこそ
12ポイント12mmを使用して時間をかけて外しました。

スイングアームを後ろに引いた際、シャフトオイルが漏れるかも?と思い
シャフトオイルは抜いています。

今回の作業予定はクラッチプッシュロッド周りのパーツ・クラッチケーブル
交換を予定しています。その作業でクラッチが繋がり、ミッションが気持ち
良く入るようになればラッキーと考えております。
ここまで外すならここも点検しといた方が良いよという箇所がありましたら
御教授願います。

在住している県内でBOXERを面倒見る事が出来るお店を知らない(多分無い)
ので、それは難しいです。(自己責任でやっています。)

良かったら教えてほしいのですが、ミッションを降ろす為にスイングアーム
を後ろへスライドさす際、センタースタンド後ろ部分のオイルパンに水平
ジャッキをかけて持ち上げても大丈夫でしょうか?

引用なし

パスワード



Re(2):クラッチが切れない 貼り付き
 七四式  - 19/7/9(火) 21:25 -
▼321さん:

七四式です。

・12ポイントのレンチは、ドライブシャフトとミッションの接続部で
 使用します。
・スイングアームのナットは、ネプロス(KTCの高いやつ)の27mmの
 ソケット(1/2サイズ)が丁度良かったと思います。
 (ソケットの外周は、35.1mm)
・ちょっと苦労するかもしれないのが、セルモータの固定ナット(一か所)が
 ミッションに固定されてるのですが、場所が狭く工具によって入らない
 可能性もあります。
・スイングアームを外す際に注意しないと、スイングアームの中のオイル
 がこぼれます。
・あとミッションは、外しても案外軽いので、1人でも持てます。

どこまで、作業されるか解りませんが、無理なされない様に頑張ってください。
(修理後、お店に確認してもらうのが良いかもしれません)

引用なし

パスワード



Re(1):クラッチが切れない 貼り付き
 321  - 19/7/9(火) 8:07 -
ををつか様、七四式様、OTTO様
素早く的確なアドバイス、感謝致します。

クラッチケーブルに関しましては、目視した限りレバー側・
ミッション側共に裂けはないように見受けられました。
本日ケーブルを外して尚確認してみます。

不具合解消に必要な部品を本日発注する予定です。
部品到着までキャブをOHしたり、スイングアーム分解時に必須の
27mmディープを鉄工所で削って貰ったり、気長に待ちます。

ミッション外した段階で皆様に途中経過報告致します。

七四式様、
スイングアームを外すソケットは27mmディープの12ポイント
でしたでしょうか?

引用なし

パスワード



クラッチが切れない 貼り付き
 OTTO  - 19/7/9(火) 1:33 -
▼321さん:

季節がら湿気が多いので貼り付くことがあります。
特に/5−/7(1980)までがクラッチの材質によりサビが出て
ハンドレバーを握っただけではリリースされないことがあります。
念入りに洗車したり、クラッチを分解した後に起こりやすいです。

クラッチケーブルのほつれ、レリーズ部の故障がシロなら
貼り付きの可能性が高いように思います。

引用なし

パスワード



発進時の異音『コトコト』
 クリニカルビーマー  - 19/7/8(月) 23:29 -
いつもお世話になります。
ここ数日の出来事ですが、発進時(半クラッチ時)のみ『コトコト』と振動を伴う異音がします。
最初はミッションアウトプットとユニバーサルジョイントフランジの締結ボルトの緩み?もしくはユニバーサルジョイントの破損?と思いました。
メインスタンドを掛け、リヤタイヤを回しても異音や振動はありません。
当然、押し歩いても違和感はありません。
そこで検索行ったところ、以下過去ログにあたりました。

以下OTTO様回答です。
年式、走行距離が判りませんがユニバーサルジョイントのアソビはゼロです。
リア側のカップリングも走行時に気になるようなショックは出ません。

ギアボックスのベアリングが損傷するとメインスタンドが戻った時のようなショックを
感じることがあります。
通常、ニュートラルで後輪をとてもゆっくり回し、不円滑感があればベアリング損傷です。
ただ症状が進むとゴリゴリ感は無くなってしまいます。ドレンプラグのマグネットに
鉄粉がてんこ盛りしていればビンゴです。

1980年以降のD・シャフトはダンパー入りで多走行車はアソビが大きくなります。
発進時の半クラッチでミート具合で音が出ることはありますが5万キロ以下なら
あまり症状は出ないと思います。
やはりダンパーが原因でしょうか?

引用なし

パスワード



Re(1):クラッチが切れない
 七四式  - 19/7/8(月) 21:44 -
▼321さん:

七四式です。

79年のR100RSは、クラッチレリーズベアリング(図4)にニードルベアリングが
使用されていると思われますので、そのベアリングが破損して、クラッチが
切れない状態なのかと思います。

ちなみに、過去3回破損しました。
(原因は、クラッチ半減キット装着後の、クラッチの遊び調整不足)

ベアリングの交換は、ミッションを降ろす必要がありますが、その際、
スイングアームも外す必要があります。
(12ポイントのレンチ、ジャッキや、ウマが必要になります)

また、ベアリング周辺のパーツも損傷しているので、ブッシュロッド含む
部品(図1〜図5)も一緒に交換した方が、安心だと思います。

交換後の対策としては、ミッション側でクラッチの遊びを多くし、
クラッチレバー(ワイヤー)で適切な握り位置にすると良いと思います。

とりあえず、ををつかさんが言われた、クラッチワイヤーを
確認してからで判断してみてください。

引用なし

パスワード



1 / 12 ページ    前へ→
 12481
ページ:  ┃  記事番号: